入社して間もない頃から仕事の仕方を教えてくれた男性

私が20歳で就職した会社に、入社して間もない頃から仕事の仕方を教えてくれた男性がいました。

その方は5歳年上で自分の兄と同い年ということもあり、私はとても慕っていました。

ある日、彼から地元のショッピングセンターに遊びに行こうと誘われました。

私の出身地は田舎なので、遊びに行く場所と言えば大型ショッピングセンターかカラオケくらいです。

言うなればこれはデートのお誘いでした。

しかし私は彼と付き合うことはないと思っていました。

彼には遠距離恋愛中の彼女がいると聞いていたからです。

だから私は単純に後輩として仲良くなったから遊びに行こうと言われているのだと理解していました。

それから3ヶ月、そのデートがきっかけで私たちはどんどん仲良くなりました。

そしてとうとう、肉体関係を持つに至りました。

けれど前述のように彼には彼女がいます。

こうなった以上、彼にどちらか選んでもらわなくてはなりません。

私は月に1度か2度彼女のもとへ泊まりがけで出掛けるのを知っていましたから、当然彼女を選び、私は元の「ただの後輩」に戻るのだと思っていました。

しかしその予想は彼女によって覆されました。

彼女は彼にこう言ったそうです。

「別にいいよ。その子が納得するなら両方と付き合いなよ」

彼から伝えられたその言葉に、私はびっくりしました。

妥協案だとしても、まさか自ら浮気を勧めてくる女性がいるなんて思わなかったのです。

結局この時の妥協案を受け入れてしまった私たちは3年間、この妙な三角関係を続けました。

その後彼は彼女と別れて私と付き合いましたが、交際が8年を超えたあたりで破局しました。